NPO法人武蔵野倶楽部
-エチオピアの子どもたちを救う会
世界最貧国の一つ
エチオピアの子供達を助けてください!

法人概要

名称

17生都管法特 第1102号
特定非営利活動法人
武蔵野倶楽部  -エチオピアの子どもたちを救う会

目的

 世界最貧国の一つでもあるエチオピアの子どもたちが苦しんでいます。貧困のあまり生まれたばかりの子どもを捨てる親が後を絶ちません。この子供たちを救い育てる孤児院があります。代表的な孤児院は「アベベチ・ゴベナ孤児院」です。アフリカのマザー・テレサと呼ばれているアベベチ・ゴベナがエチオピアで初めて創った孤児院であり、今では、海外からの支援もあり国からもサポートを受けるほど大きな孤児院となりました。

私たちは、初めの数年は「アベベチ・ゴベナ孤児院」の支援をしていましたが、他に貧しい孤児院が存在することを知り、「ゾーリトゥメシェシャ孤児院」をサポートすることにしました。この孤児院は60名ほどの子どもと院長が一緒に生活しており、他からの支援はほとんどありません。私どもは、この「ゾーリトゥメシェシャ孤児院」を中心に、貧しい中で頑張って生きている子供たちの支援を続けたいと思っております。

 武蔵野倶楽部-エチオピアの子どもたちを救う会は、貧困に喘ぐマラソン大国エチオピアの子供たちの支援活動を行ない社会貢献に参加することを目的としています。

 武蔵野倶楽部-エチオピアの子どもたちを救う会は、ランニングという生涯型スポーツとしての環境を創造・提供し、市民ランナーの目標達成のためのランニングセミナー等を開催し地域貢献に参加することを目的としています。

支援活動

 私たちは、武蔵野倶楽部の活動にご賛同いただける方々を中心に会員を募り、また多くの方々にエチオピアの子供たちを救うための募金や寄付をお願いしております。皆様からの支援金は年に1度エチオピアの孤児院を訪問し、直接手渡しで寄付をします。

エチオピアのマラソンランナーの応援

 武蔵野倶楽部が応援するエチオピアのマラソンランナーが日本に来日した際には選手を応援する活動を行ないます。
※エチオピアのマラソンランナーは日本に滞在しない時期が生じることもあります。

 また、エチオピアのマラソンクラブチームにTシャツ等の寄付を行い、クラブチームを支援しています。

 皆様の温かいご理解とご支援で、エチオピアの子供達を救うことが出来ます。どうぞご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

代表理事 大隈 広貴


連絡先


〒207-0031
東京都東大和市奈良橋1-630-2-大栄ビル3F
TEL 042-566-0118 FAX 042-843-802
特定非営利活動法人
武蔵野倶楽部
-エチオピアの子供たちを救う会 事務局